派遣で働くとはこういうことかと思ったこと

派遣で働くとはこういうことかと思ったこと

派遣で働くとはこういうことかと思ったこと

6年位前に、短時間のパートを探していたところ、ある派遣会社の募集広告を見つけました。応募するにはその派遣会社に登録しなくてはならなかったので、履歴書持参で面接に行きました。

 

口臭サプリ[腸内]おすすめランキング

 

 

面接は五分もかからず終わり、仕事にはいつから行けますか?と訊かれました。
「えっ?採用していただけたんですか?ありがとうございます!」と、驚きつつお礼を。

 

よっぽど人がいなかったのでしょうか・・。
それはさておき、担当の方は派遣先の会社について、矢継ぎ早に説明に入りました。

 

注意点として、時給のことは絶対に言わないこと≠ニいうのがありました。
たぶん、時給換算にすると、社員さんより派遣の私たちのほうが高いので、良く思わないからでしょうね。

 

私の仕事は冷凍食品の箱詰めでした。
行く前に色々と想像していたよりも皆さん親切で、丁寧に仕事を教えてくれました。

 

最初、時給以上の働きをしなければ!と気負っていましたが、入ったばかりの新人があまり出しゃばるのも何なんで、わからないことを訊くのははもちろんですが、同じ派遣の先輩の後ろにくっついて、とにかくミスしないように正確に作業できるように頑張りました。

 

社員の方々は、さすがテキパキと手早くて凄いなぁと感心しました。
家庭の事情で三ヶ月ほどで退職しましたが、皆さん優しくて働きやすい職場でした。

 

最近また仕事を始めようかなと思い、派遣会社に登録しようか迷っているところです。


ホーム RSS購読 サイトマップ